ネクストホールディングスの約束

初めに


”森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
でもクリキンディという名のハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」”

(出典:「ハチドリのひとしずく」 辻 信一監修 光文社刊 2005年)

これは、南米のアンデス地方に昔から伝えられてきた小さな物語です。

ハチドリは、生き残るために、太古から進化し続けた鳥。
えさとなる花の蜜を吸うために長く伸びたくちばし、蜜を獲るときに空中でホバリングできるように発達した胸筋や心肺機能。彼らは、与えられた環境の中で生きていくために、体を独自に進化させてきました。
それは同時に、彼らの子孫が生きていくための進化でもありました。

この物語とハチドリの進化は、私たちに、いくつかのメッセージを与えてくれます。
『たとえそれがほんの小さなことでも、世の中のために、自分ができることをする』
『頑張れば頑張っただけ、後世の人が生きやすくなる、そんな生き方をする』
それが私たち、命あるものの役目なのではないか、と。

私たちの責任

祖先から、親を通して、子供へ。その子供を通して、子孫へと。人間は、祖先から代々命を継いで来ました。社会を継いで来ました。そして、今の私たちがあります。

ならば、自分が受け継いだ命、受け継いだ社会を、たとえほんのわずかでもいいから、自分の代でさらに進化させて次に引き渡すこと。次の世代が生きやすい社会を彼らに引き渡すこと。それが、生物本来の生き方であり、今を生きる私たちの責任であり、存在意義なのではないでしょうか。

会社のあり方もまた、同じです。

私たちグループが存在する意味、成長する価値も、そこにある、そう考えます。

私たちは、生物本来の生き方を選択する。
命あるものとして、命を継ぐ者として。

私たちは、後の世代のために生きる。
そのための仕事をする。
その仕事で他者と競い、一番前を歩く。走る。切り拓く。
そして、いつか、次の誰かがその道を歩く。そうして命と社会を継いでいく。

私たちはそんなふうに生きる。

だから私たちは、約束します。

私たちは、後の世代のために生き、後の世代のために仕事をします。
未来という大きな財産を、後の世代に引き渡すため。
祖先から、親を通して、子供へ。その子供を通して、子孫へと。
命と社会を継ぐ者として、その責任を果たすための仕事だけをします。
そして私たちは、その仕事で、大きく成長し、社会の在り方を、社会の価値観を、
後の世代のために生き、後の世代のために仕事をするのが当然の社会へと変えていきます。
変革者として、この時代を変えていきます。

私たちネクストホールディングスが挑戦するもの。
約束を果たすためにすべきこと。
それは命と社会を未来に継ぐ仕事。

一つは、自然エネルギーの普及を軸とした、地球温暖化を回避するための事業
一つは、生命の存続に必要な、水と食糧を確保するための事業
一つは、社会の存続に不可欠な、インフラストラクチャ―を保全するための事業

私たちはこれらの事業で、後の世代への約束を果たします。